じょにぃぶろぐ

こんにちは、じょにぃです。 IT企業の管理職をする傍ら、2005年から投資をしています。2019年から本格的にYouTubeに動画配信をはじめました。マーケットの振り返りや主要ニュースの解説、投資のTipsなどをお届けしています。その他、F1、ガジェット、ゲーム、旅行など、好きなもの、好きなことをお話しています。

僕はドコモのアハモにするけど、君はどれにする? - 20GB 月額2,480円のau新プランpovo発表で、3キャリア20GBプラン揃い踏み

f:id:iam-jonny:20210113141341j:plain

f:id:iam-jonny:20210113134629j:plain

各社プラン比較

僕はドコモのアハモにするけど、君はどれにする?

先に、どのキャリアを選択するのが良さそうなのかというお話をしてから、後半で本日(2021年1月13日)にKDDIから発表されたauUQの新プランと値下げについて説明します。


僕はドコモのアハモにするけど、君はどれにする? 20GB 月額2,480円のau新プランpovoの発表で、3キャリア20GBプラン揃い踏み

国際ローミングを利用するならドコモのahamoで月額2,980円

20GBのデータ通信は国際ローミングでも有効なので、海外旅行・出張があるなら最有力のプランだと思います。ドコモのアハモにする理由があるとしたら、国際ローミングとドコモの地域によっては繋がりやすい電波ということになると思います。eSIMについて触れられてないので、物理SIMでスタートするんでしょうが、追って対応すると想像しています。

www.ahamobile.jp

1回5分以内かけ放題が不要ならauのpovoで月額2,480円

「電話を掛けることなんて、お店の予約くらいしかない」って自分みたいなタイプの人は1回5分以内かけ放題なんて不要だと思います。auのpovoを選ぶ理由があるとしたら、500円安いということ、現時点でeSIMに対応することを表明していることでしょうか。

povo.au.com

LINEどっぷり使ってるならSoftbank on LINEで月額2,980円

LINEでビデオ通話とかしまくってる人にとっては、Softbank on LINEは良い選択肢になるかもしれません。ただし、ドコモのahamo、auのpovoと違って、Softbank on LINEはソフトバンクとして提供されるわけではないので、プロファイルのインストールが必要になるかもしれません。Softbank on LINEはeSIMにも対応しますが、正直言って、Softbank on LINEを選ぶ理由はLINE無制限ってことだけです。

www.softbank.jp

楽天の電波でOKならデータ通信・かけ放題のUnlimitedで月額2,980円

20GBプランってわけではありませんが、各社がこぞって2,980円のプランを提供することになった理由は楽天モバイルにあります。データ通信無制限、国内通話かけ放題、最初の1年間無料というのが楽天を選ぶ理由になります。デメリットとしてエリアが狭い、電波が届きにくいということがあるので、2枚目(eSIM)としては最適でした。

network.mobile.rakuten.co.jp

 

後出しジャンケンKDDIが発表した3つのプラン

ビジネスの世界では通常マーケットリーダーがいつも後出しなんですが、今回は12月に『#さよならau』がトレンド入りしてしまうような発表を行ったKDDIが、20GB ドコモのアハモ対抗プランを発表しました。同時にドコモのギガホ対抗での値下げも発表。これによって立場がなくなるUQモバイルのプランについても見直しとなりました。

通話かけ放題がオプションになって20GB 月額2,480円の新プランpovo

auのユーザーはほっとしたんじゃないでしょうか。1回5分以内の通話かけ放題が500円のオプションとなった2,480円の新プランが発表されました。月間データ容量は横並びの20GBで、超過時も最大1Mbpsと同じ。

月額料金 2,480円
月間データ容量 20GB (超過時も最大1Mbpsで利用可能)
通話料金 20円/30秒 ※衛星船舶電話など、料金が異なる通話先があります。

トッピングと呼ばれるオプションは、ニーズに合わせて今後増やすようですが、現時点では上記の通話かけ放題に加えて、24時間データ通信無制限となるオプションが200円で用意されています。

  • 5分以内通話かけ放題: 500円/月
  • データ使い放題 24時間: 200円/24時間
  • データ追加 1GB: 500円/1GB
  • 通話かけ放題: 1,500円/月

最近は、通話をする機会もほとんどないので、魅力的なプランだと思います。一方で、アハモの最大のアドバンテージである国際ローミングについては、今後検討という感じなので、海外旅行・出張が多い人にとっては残念に思える内容だったかもしれません。ドコモのアハモ、ソフトバンクSoftbank on LINE同様に、店頭での契約などはできないという点に注意です。

news.kddi.com

ギガホプレミア対抗でデータ使い放題プランを約2000円値下げ

今後データ使い放題プランを利用する人がどれだけいるかわかりませんが、ドコモのギガ保プレミア対抗で6,580円に値下げされました。ただし、テザリングや国際ローミングの30GB制限が残っている点で、内容としてはソフトバンクのメリハリ無制限とほぼ等しいです。

データ使い放題は、仕事で利用している人が多いことを考えると30GBという制限は困ったものです。この点でドコモのギガホプレミアに優位性があると思います。

news.kddi.com

www.softbank.jp

www.nttdocomo.co.jp

安くて店頭でのサポートに生き残る道を見出すUQモバイル

プランが一新されることになりました。スマホプランS・R・VはこれらくりこしプランS・M・Lに置き換えられます(Vは提供開始前でしたけどw)。プラン内容だけを見れば、くりこしプランS以外を選択する意味はない(povoにすれば良い)ように見えるかもしれませんが、UQモバイルは今後も店頭でのサポートを継続するので、オンラインでpovo、ahamo、Softbank on LINEにプラン変更できない人にとっては良い選択肢になるかもしれません。いずれにしても、auとして提供されない以上はプロファイルのインストールをしなければいけなかったりするので、少々矛盾があるように感じます。

  くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
データ容量 (該当項目へジャンプします注1) 3GB 15GB 25GB
データ容量超過時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
月額料金 1,480円 2,480円 3,480円

news.kddi.com

【まとめ】20GB 月額2,480円のau povoは結構良い新プラン

 自分みたいに海外旅行や出張がない、電話をすることはほとんどないって人にとっては、一番良いプランなんじゃないでしょうか。逆にソフトバンクはこのままだとジリ貧だと思うので、対抗してプラン内容の見直しをするかもしれませんけどね。冒頭で『どのキャリアを選ぶか』『このキャリアを選ぶ理由はコレ!』を書いてますので、そちらをご確認いただけると。