じょにぃ課長(副業投資歴12年)のブログ

投資歴10年以上のサラリーマン投資家です。毎年5%の利益を目標にしてますが、2019年は難しそう。 本業はインターネットの会社で40人くらいの部署のマネジメントしてます。 スケートボードや美味しいお店めぐりが趣味なので、どんどんご紹介していきます。

20代からはじめる資産運用はこれ!5分(くらい)でわかる初心者向けお金の増やし方!(2019年版) #資産運用 #20代 #初心者

f:id:shigeru-i:20190112013410j:plain

20代向けの資産運用方法

初心者を対象にしてますが、経験のある方も参考になる情報だと思います。

これから資産運用をはじめる方が、明日から何をすればよいのかわかっていただくことです。

 

多くの人は貯金なしか銀行に放置

社会人になると定期的な収入がある方が多いと思いますが、多くの人はほとんど貯金を使っちゃうか、現預金として銀行に放置している人が多いです。

一方で、資産運用は老後のためにも大切だと、ほとんどの人が考えてくれていて、お金の知識さえあれば、健全に資産を形成することが可能です。

 

お金の知識

  1. 自分の資産を把握すること
  2. 毎月の収支の感覚を得ること
  3. 無駄な費用を無駄だと判断できること

の3つです。

 

 

資産はマネーフォワードを使って把握

銀行、クレジットカード、証券口座、年金などメジャーな金融機関の情報はすべて管理してくれて、総資産がどれくらいあるのか、増えてるのかどうかをアプリ上に表示してくれます。

 

毎月の収支の感覚を得ること

マネーフォワード上の収入と支出で確認します。自動で仕分けをしてくれるので、家計簿のように細かく管理する必要はありません。ボーナスがない人で収支がとんとんだと今のままでは資産を増やせません。

 

無駄な費用を無駄だと判断できること

マネーフォワードで支出を見える化すると無駄な費用がわかってきます。小さい節約をする必要はありません。ドコモとかのキャリア契約、独身の生命保険・医療保険、車の所有などのような固定費は、できるだけカットしましょう。付き合いで行ってる飲み会もお金と時間の無駄です。

無駄な費用を抑えることができると、毎月1万円でも2万円でも現預金として増やしていくことができると思います。収支がプラスにならない人は、もっと支出を減らすか収入を増やしてください。

 

最低限の生活を維持するための貯蓄

まず、仕事を失ったとしても半年から2年間今と同じ生活ができるだけの貯蓄をしてください。月に10万円必要なら、60万円から120万円。20万必要なら、120万から240万の貯蓄をしてください。これは何かあっても最低限の生活を維持するためのライフラインです。

最低限の貯蓄をした上で、資産運用ははじめてください。

 

投資をはじめる

投資用資金の金額によって、投資する内容が増えていきます。

毎月(年間)

23,000円(276,000円) iDeCo

50,000円(600,000円) 楽天証券の積立投信を楽天カード支払い

100,000円(1,200,000円) SBI証券でNISA

 

23,000円(276,000円) iDeCo

所得税控除されるので、税率次第ですが20%分が節税できます。

 

50,000円(600,000円) 楽天証券の積立投信を楽天カード支払い

1%分のポイントが付与されるので、1%分実質利益がでます。

 

100,000円(1,200,000円) SBI証券でNISA

売却益にかかる20%の税金が非課税になります。

 

 

 以上になります!

  1. お金の知識をつける
  2. マネーフォワードをインストールする
  3. 資産を把握する
  4. 収支がどうなってるかを知る
  5. 無駄な費用をなくす
  6. いざというときの生活資金を確保する
  7. iDeCoをはじめる
  8. 楽天証券の積立投信を楽天カードで購入する
  9. SBI証券でNISAをはじめる

1年で100万円以上総資産を増やすことができるとリタイヤするときには十分な資産になっているはずなので、まずはここでお話ししたような順番で資産運用をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

ありがとうございました。

 


20代からはじめる資産運用はこれ!5分(くらい)でわかる初心者向けお金の増やし方!(2019年版)